童劇プーポ第88回定期公演

平成26年5月3日
会津若松市文化センター
鮭売りと山んば 
 奥会津には、「さば売りと山んば」という題で語り継がれている昔はなしがあります。
この昔話を素材にして今回の「鮭売りとやまんば」は創られました。

貧しい山あいの里に自然に寄り添そい、暮らしている集落がありました。ある日、与平さんは
鮭(塩びき)を売りに山を越えて湯治場へ向かいました。頂上について一休みしていると、
山んばが現れわれて鮭を全部とりあげられ、そればかりか命までうばわれそうになり、
やっとの思いで逃げだしました。
追いかける山んばから与平さんは自分の命を守ることができるでしょうか?
それは劇を見てのお楽しみです。
作:神田勤

スタッフ・キャスト
スタッフ
 演出:神田勤
 舞台装置:大竹国衛
 舞台武術:吉井信夫
 衣裳:武藤よし子・本田節子
 照明:高木和博・武藤盛男
 音楽/効果:大堀悌司
 小道具:佐藤敬二・大谷直子
 舞台監督:遠藤晴男
 制作:本田節子・渡部洋于・渡部昭寿
     武藤訓・高橋真千

キャスト
  与平:高木和博
  山んば:関孝一
  おっかあ:猪俣佐登子
  むすめ:山浦結希(友情出演)
  弥助:渡部力男
  作造:箕輪達也
  権兵衛:藤島謙蔵

フーポのお姉さん:大谷直子


協力
スタッフ
  美術:吉井信夫 /ビック・アド看板工房
  裏方:葵高校演劇有志



動画 約73分