平成22年10月24日
喜多方市・入田付小学校体育館にて  
地方公演 「泣いた赤鬼」 

22年度のファミリー学級のとして演劇鑑賞会として行ないました
終演ご児童・父兄の皆さんと劇の内容についてお話合いも出来ました
あむかし、むかし、ある山に一軒の家が立っていました。
そこに、若い赤鬼が、たった一人で住んでいました。
この鬼は、仲間の鬼をいじめたりすることのできないやさしい鬼でした。
わたしは、鬼に生まれてきたが、鬼たちのためになるなら、
できるだけ良いことばかりしてみたい。いやそれどころか、
できることなら人間たちと仲間になって仲良くくらしていきたいなア〜。
と赤鬼はそう思っていました。
そこで、ある日赤鬼は、家の前に1本の立て札を立てました。
浜田広介原作
鈴木良男作
本田節子 演出

写真をクリックで拡大表示しますがその後は開かれたウィンドーは
閉じないで他の写真をクリックするか親画面をクリックしてご覧ください
文章は定期公演と同じにしてみました舞台の広さと演技の変更もいかがなものでしょうか
心のやさしい鬼のうちです
おー 熊吉さん・・・・ この立て札を読んでご覧よ

じゃー わしが読んでやるからよーく聞いてくれ
だれが嘘なんかつくもんか 誰も来てくれない
ばかばかしい こうしてやれ
君らしくも無い どうしたんだい
こうすれば良いじゃないか これから村に行きうんと暴れる
そこへ君がきてうんとこの俺をなぐるのさ
お前がいいよ
音をたてないで行ってみろ
何しに来た 大勢でうるさいぞ
暇だからいじめてやろう
ええーい やぁー  こうしてやる
乱暴すると承知しないよ
よさないかこの青鬼め!
びーんたたら びーんたたら びーんたたら
鬼の踊り 皆さんも踊って下さい
人間たちとうちとけた様子をうかがうと
青鬼はどこかへ行ってしいました
青鬼君の手紙だ
赤鬼君人間たちとはどこまでも仲良くまじめに
付き合って・・・・・・・・
僕はしばらく君にはお目にかかりません
来年は閉校ですねでもこれからも新しい学校
で楽しく過ごして下さい
最後に皆さんとこの劇についてお話合いをしました