童劇プーポは、今年創立50年を迎えます。
プーポを応援してくれる皆様方の暖かいご協力と
子供たちの小さな手の大きな拍手に支えられ
半世紀休む事なく定期公演を続けて参りました。
今年の11月11日はプ一ポが歩んできた 5O年の
記念公演になります。

皆さんぜひ見に来て下さいね!

お待ちしてま―す。

2007年5月3日 
会津若松市鶴ヶ城体育館 10:30 13:20
第81回定期公演
花刀
   作:多田徹
時はむかし。東山に登ってきた殿さんとぬけ作は、童子(わっぱ)の持つ見事な花をうばい取ってしまいました。
母親のために手折った大事な花をうばわれた童子は、花を取り返すために二人に立ち向かっていきます。そして・・・・。
狂言の伝統をたくみに生かした現代の児童劇です。



スタッフ
演 出
  助手
舞台監督
  助手
舞台装置

照 明  

衣装

音楽・効果
小道具
製作
代表


本田 節子
武藤 訓
渡部洋于
神田 勤
遠藤晴男・渡部昭寿・宇田哲也

武藤盛男・近藤和彦

武藤よし子・高橋真千・大沢マサ子

大堀 悌二・五十嵐 真喜子
佐藤敬二・大谷直子・飯塚ミイ
清水和彦
関 孝一

キャスト

お殿さん
ぬけ作
小童(わっぱ)

進行係



渡部 力男
高木 和博
猪俣 佐登子

本田 節子



写真をクリックで拡大表示しますがその後は開かれたウィンドーは
閉じないで他の写真をクリックするか親画面をクリックしてご覧ください
いつものようにお約束から。
あの花で あの花か
も少しあげい もう少し
1個だけだよ
もっとよこせ さくらの枝もよこせ いやだ!!!
うまいちまきじゃのう
花はどこじゃ だからおん前に
しっかり押さえておれ
横っ面をはたいてくれようぞ
やい この縄に足を入れろ
ぬけ作 放すぞ 良いか?
よくも いじめてくれたな
あの枝を 切り落とそう えい!
抜けたのじゃ 腰が! たすけてくれいぬけ作どの
最後に参加者とお客様で記念写真を一枚


花刀 : 約2分18秒